XandrのCOVID-19感染症対策 詳細
xandr

社会的責任


Xandrの社会的責任との取組み

COVID-19が世界中の地域社会に影響を及ぼしている中、Xandrは最もケアの必要な人々に注力しています。XandrのCOVID-19感染症に関する取り組みの詳細はこちら

Xandrは、好奇心と勇気に満ち、未来に向かって邁進する新しい広告会社の姿を構築しています。そのような未来と長期的な事業の成功は、地域社会および世界の力と健康と切っても切れない関係にあると考えています。

Xandr Caresは、企業の社会的責任を果たすための全社的なプログラムで、世界中の社員の情熱と寛大さを生かし、AT&Tのより良い明日を築くための深いコミットメントを活用して、地域社会と事業に有意義な変化を生み出すための支援を行っています。.

Xandr Caresは、次の4つの分野に重点を置いています。将来の世代の多様な人材のための道を拓くこと、テクノロジー資源を善用すること、従業員のボランティア精神と専門知識を世界中で活用すること、そして目的と事業内容に沿って市場全体でポジティブな変化を先導すること。

未来の人材

将来の世代の多様な人材のための道を拓く

XandrのデジタルスキルプログラムはGirls Who Code、MediaTrust(英国)、Code Like A Girl(オーストラリア)といった組織で採用され、学生たちに世界の広告技術経済で成功するために必要なスキルを教えています。またXandr Caresインターンシップやジュニアレベルの技能習得プログラムを通じて、XandrとAT[1]Tの次世代の人材育成を支援しています。また通年の指導プログラムを通じて、進学や就職の準備に支援・指導を必要としている高校生を社員が指導しています。

技術の善用

Xandrのテクノロジー資源を善用する

XandrのTech for Good(技術善用)プログラムは、拡張可能なテクノロジーと非営利部門でのパートナーシップを構築し、Xandrの工学技術リソースを活用して、社会にポジティブな影響を積極的に及ぼすことを追究するものです。この構想には、非営利の公共広告プログラムをXandrの技術プラットフォームを通じて配信するPSAプログラムのほか、Xandrの広告配信技術を利用して、政府機関や非営利団体からの国民向けの重要安全情報を配信するFederation of Internet Alertsとの連携も含まれます。

PSAプログラムの詳細は こちら。.

地域社会との関わり

従業員のボランティア精神と専門知識を世界中で活用する

Xandr Caresは、社員が意義を見出す問題にボランティア活動を通じて取り組むことを奨励します。Xandr社員は2019年4月だけで、Xandrの2019「Together We Volunteer」キャンペーンの一環として、1,000時間以上をボランティア活動に費やしました。

これには災害復行ボランティア旅行など、親会社や姉妹会社のAT&Tとワーナーメデイアとの新たな連携の機会も含まれています。自然災害で大きな被害を受けた地域への支援を拡大するため、全社員がAT&T社員救済基金を利用できるようにし、やむを得ない事情により財政面で困難を抱えている社員を支援しています。

社員主催のサステナビリティクラブは、AT&Tの環境サステナビリティ構想と密接に連携して機能する一方で、独立した教育ボランティア活動プログラムを実施し、仕事場内外での環境影響を改善しています。

業界と市民権

Xandrの目的と事業に合わせて市場にポジティブな変化を浸透させています

新しい広告会社の姿を構築することは、より良いものを信じ、責任ある包括的な広告規範を推進して、エコシステムにポジティブな影響を与え、質の高いニュースやメディアを賛同し、市民組織や地方自治体との意味ある関係を築くことを意味します。

Xandrは、キャンペーンを通じて、またTech:NYC、IAB、MediaTrust、United for Newsといった組織との協力を通じて、これを達成します。

COVID-19


メディアへのお問い合わせは、[email protected]までどうぞ。